この記事を書いた人:りんない

コスメブランドちふれがエイジングケアライン「綾花」のCMが公開されました。

綺麗な花を生ける一人の女性が登場する、
こちらのCMについてまとめていきたいと思います。

ちふれ「綾花」のCMの内容は?

花束を抱え嬉しそうに走って帰る女性。
そして、何やら花瓶に花を生け始めました。
そんな女性は、ちふれの化粧水で一息つきます。
その後、再び花を生けてると誰かがやってきます。
女性の頬はまるで花のようにピンクに色づき、誰か好きな人が帰ってきたかの表情をしていました。
花を生けているこの綺麗な女性は誰なのでしょうか?

花瓶に花を生けるこの女優は誰?

可憐で清楚なたたずまいで花を生けているこのCMの女性は、ユナイテッドスマイルズに所属している白石美帆さんです。

生年月日:1978年8月8日(40歳)
出身地:茨城県常陸大宮市
身長:160cm
血液型:A型
趣味:茶道、日本舞踊
活動期間:1998年〜
所属事務所:ユナイテッドスマイルズ

引用:Wikipedia

白石さんは短大生のときにスカウトをうけ、1998年に芸能界デビューをしました。
しかし、茨城弁の癖が強いあまり、直すためのレッスンを半年間受けたそうです!

 

デビュー後は、タレント業をメインに活躍します。
『惑星ビュービュー』に野村恵里の後任MCとして出演、そして高橋英樹・テリー伊藤らと、歌謡番組『歌って最高!』(テレビ東京)などに出演していました。

 

その後、2002年からは女優業もスタートさせ、2005年に出演したドラマ『電車男』では、陣釜美鈴役を演じ、このときの演技が評価されます。
そして、第46回ザテレビジョンドラマアカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞しました。

 

これがキッカケとなり、女優業をメインに活動していくことになり、数々の作品に出演しています。

白石美帆さんの主な出演作品とは?

多数の作品に出演されている白石さんですが、その中でも話題になった作品に注目してみましょう!

連続テレビ小説(NHK)どんど晴れ(2007年)原田彩華役

ヒロイン夏美からおかみの座を横取りしようとする役を演じた白石さん。
2005年に出演した『電車男』での、強気な女性のイメージが強いのかもしれないですね。

 

アスコーマーチ〜明日香工業高校物語〜(2011年、テレビ朝日) 杉崎加奈子役

このドラマでは、年下の出演者が多い中、養護教師役でみんなを支えていましたね。

 

ひよっこ(2017年)竹内邦子役

『ひよっこ』は、白石さんの出身の茨城が舞台になっており、

“「堂々と茨城弁を話してよいということがすごく幸せに感じます。時代の流れもあると思います」”と喜びを伝えていました。

 

また、白石さん演じる邦子が、茨城で生まれ育った主人公・谷田部みね子(有村架純)から茨城の方言を教えてもらう場面があったようですが、みね子から習った茨城弁を口にする場面では少し戸惑ったといいます。

“「上手く言ってもいけないし……、ちょっと脳内パニックが起きまして(笑)」
東京の人間が習いたての茨城弁を口にする演技をしようとしても「どうしても、正しい方になってしまうので。
あえて東京人のふりをするというのは逆に難しかったです」“

とコメントしていました。

 

プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜(2018年)桜井由香里役

最新映画では、高杉真宙演じる和央の母を演じています。

まとめ

ちふれ「綾花」CMに出演している白石美帆さんについて、ご紹介しました。

女優として数々の作品に出演している白石さん。
結婚、出産を経ても変わらずその美貌を保っており、今回の化粧水のCMにもぴったりでしたね!
白石さんが使っていると、ついつい買ってみたくなってしまいますね♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事