ドラマ『シャーロック』主題歌や歌詞と発売日を紹介【DEAN FUJIOKA・Shelly】

シャーロック

2019年10月7日(月)から、フジテレビ系月9枠で『シャーロック』が始まります。
(初回は30分拡大版)

ドラマ『シャーロック』は19世紀のイギリスを舞台に書かれた、世界的に有名な推理小説であるコナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』シリーズを原作としたミステリードラマ。

21世紀の東京を舞台に、探偵シャーロック・ホームズを犯罪捜査専門のコンサルタントに、ホームズの相棒・ワトソン博士を都内の病院に勤務する精神科医に置き換えたドラマ化は、とても楽しみですね。

人間が犯罪を犯す心理に幼少時から興味を抱き、研究を続けながら一歩間違えば自分も犯罪を犯しかねない危うさを抱えたシャーロックをディーン・フジオカさん。

シャーロックの相棒となる精神科医を岩田剛典さんが演じます。

危うさを抱えた令和のシャーロック・ホームズと彼を支える相棒のワトソン博士の活躍に、毎週ワクワクし、月曜の夜が楽しみなドラマになりそうですね!

今回は、ドラマ『シャーロック』を盛り上げる主題歌や歌手、歌詞についてまとめていきます。

ドラマ『シャーロック』主題歌はどんな曲?

ドラマ『シャーロック』の主題歌は『Shelly』を担当するのは、主役をつとめるディーン・フジオカさんです。

『Shelly』はこのドラマのためにディーン・フジオカさんが描き下ろした新作で、フジテレビ系のドラマ主題歌を描き下ろしたのは『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』以来、約1年半ぶりで、

「“シャーロック”の知られざる一面をラブバラードで書き下ろしました。さまざまな不可解な事件や謎を解いてきた“天才”ですが、一歩間違えば自身も犯罪者になりかねない、そんな“犯罪衝動”を抱えた危険な男。そんな男が、謎を追いかけ、真実を突き詰めていく中で、運命に翻弄(ほんろう)されるのと同じように、手が届きそうで届かない“Shelly”という運命の女神に出会ったとしたら…。そんな実際には描かれないアントールド・ストーリーをこの楽曲で表すことで、さらにドラマ『シャーロック』の魅力が、より立体的になると良いなと思って制作したので、是非聴いていただけるとうれしいです」

引用:公式サイトより

とコメントしています。

『Shelly』はドラマの中では描かれない、主人公・シャーロックが恋い焦がれる手が届きそうで届かない女性に対する想いを歌った楽曲のようですね。

番組プロデューサーの太田大さんは、

「初めて聴いたとき、一瞬にして世界に静寂をもたらすようなイントロを聴いて、その世界観にすぐに引き込まれました。スリリングな事件と多くの伏線を回収していく謎解きをスピーディーに魅せていくドラマ本編とはどこか切り離された、置き去りにされた誰もいない場所で、静かに、そして熱く、愛を叫び続けているような印象を受けました。謎が解かれて、傷つく人も救われる人もいる中で、どこか感じてしまう一筋の切なさを感じさせる楽曲でありながら、ドラマが進むにつれて寒くなっていくこの季節にぴったりなロマンティックさも感じられ、ストーリーを一層盛り上げてくれることを確信しています」

引用:公式サイトより

こうコメントしています。

どんな曲か早く聴きたいですね!

ツイッターでも、フルで早く聴きたいというファンの方のつぶやきを見つけることができましたよ。

ドラマ『シャーロック』主題歌を歌う『DEAN FUJIOKA』とは?

ドラマ『シャーロック』の主題歌を歌うのは、主演のディーン・フジオカさんです。

ディーン・フジオカさんのプロフィールはこちら。

ディーン・フジオカ DEAN FUJIOKA
別名義 藤岡靛
生年月日 1980年8月19日(39歳)
出生地 日本・福島県 須賀川市
国籍 日本
民族 日本人
身長 180cm
血液型 A型
職業 モデル、俳優、シンガーソングライター、ミュージシャン、映画監督、インフルエンサー、DJ
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 2004年 –
配偶者 あり(2012年 – )
著名な家族 藤岡麻美(妹)
事務所 アミューズ
公式サイト DEAN FUJIOKA Official Site
主な作品
映画  『空飛ぶタイヤ』
ドラマ 『あさが来た』
    『ダメな私に恋してください』
    『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』

引用:Wikipediaより

妹さんが勝手に応募したジュノン・スーパーボーイ・コンテストで最終選考まで残ったディーン・フジオカさんは、その後香港に渡り、香港のクラブでラップを披露したらファッション雑誌編集者にスカウトされ、香港を拠点にモデルとして活動を開始。

その後、台湾でドラマデビューを果たし、拠点を香港から台湾に移します。

台湾だけでなく東アジアで人気が出たディーン・フジオカさんは、拠点をインドネシアに移し、音楽活動を始めました。

2011年に縁あって今の所属事務所であるアミューズと契約し、2015年にはフジテレビ系『探偵の探偵』で日本のドラマ初出演。

香港でモデルとしてデビューして芸能活動を開始したディーン・フジオカさんは、日本に逆輸入される形で日本デビューを果たしました。

2015年のNHKの朝ドラ『あさが来た』で五代友厚を演じ、一大五代さまブームを起こしたのは記憶に新しいところですね。

『あさが来た』の中で、五代友厚が亡くなったときには「五代ロス」という言葉が流行語にもなりました。

その後のディーン・フジオカさんの活躍は皆さんもご存知の通り!

ドラマ『シャーロック』、今から楽しみです。

ドラマ『シャーロック』主題歌の発売日は?

ドラマ『シャーロック』主題歌『Shelly』の発売日と配信スタート日は、9月12日現在でまだ発表されていませんでした。

情報を入手次第、追記します。

ドラマ『シャーロック』主題歌の歌詞は?

ドラマ『シャーロック』主題歌『Shelly』の歌詞はまだ発表されていませんでした。

発表次第、追記します。

ディーン・フジオカさんファンの中国人の方のツイッターには、中国語に堪能なディーン・フジオカさんがWeibo(中国版ツイッター)で『Shelly』の歌詞をちょっとだけ呟いていらっしゃいました。

フジテレビの『めざましテレビ』でディーン・フジオカさんのインタビューのバックに、『Shelly』が流されていたそうですが、見そびれてしまいました・・・。

よろしかったら、頑張って聞き取った方のツイッターをどうぞ。

https://twitter.com/junguroro/status/1171917348405559296

まとめ

ドラマ『シャーロック』の主題歌を歌うディーン・フジオカさんと書き下ろし新曲『Shelly』の歌詞や発売日情報などについてご紹介してきました。

子供の頃に『シャーロック・ホームズ』シリーズを夢中になって読んだ方も多いのでは?

『シャーロック・ホームズ』は本国イギリスだけでなく、これまでに日本でもドラマ化されたり、スタジオジブリでアニメ化されたりもしています。

ちなみに、『名探偵コナン』も『シャーロック・ホームズ』にインスパイアされた作品。

黒の組織から脱出した科学者・宮野志保は自らが作った薬で幼児化し、小学生・灰原哀として生活していますが、「哀」という名前の由来は、女性ながら唯一シャーロック・ホームズを出し抜いた登場人物、アイリーン・アドラーにちなんだ名前です。

灰原哀が黒の組織に所属していた時のコードネームは「Shelly」と言うのですが、もしかしたら、おディーンさまは『名探偵コナン』を意識したのかしら?

ディーン・フジオカさんと岩田剛典さんがどんなシャーロックとワトソン博士を見せてくれるのか、楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA