この記事を書いた人:りんない

2018年12月10日から日本テレビ初の朝ドラマ『生田家の朝』がユースケ・サンタマリアさん主演で始まります。

 

情報番組『ZIP!』の中で、全13回・月曜から金曜まで毎朝7時50分ごろから、
約7分間放送されると話題になっていますね!

 

福山雅治さんから誘われたバカリズムさんが脚本を担当したこの作品は、生田浩介(ユースケ・サンタマリア)と妻の早苗(尾野真千子)、そして2人の子供たちと織りなす、普通の家族の日常を描くドラマとなっています。

 

こちらの記事では、ドラマを盛り上げる主題歌や歌手、歌詞などについてまとめていきたいと思います。

ドラマ『生田家の朝』の主題歌はどんな曲?

主題歌を歌うのは、世代問わず人気の福山雅治さんです。
開局65周年を機に立ち上げたこのプロジェクト。

 

日本テレビから企画プロデュースのオファーを受けた福山さんが、
信頼を寄せていたバカリズムさんを誘い、ドラマの脚本を手がけることになったそうです!

 

主題歌を歌う福山さんがコメントを発表しています。

“朝のドラマ、バカリさんのご実家がお弁当屋さん、食べ物が出てくるドラマになるといいねみたいなところから始まったんです。

同じように朝がやってきて、同じように繰り返されていくことが、実はとても大切。
それこそが幸せで、それこそが平和なことっていうことが、実はこの脚本のメッセージなのかな、この番組をやるテーマなのかな、この朝ドラの目指す方向なのかなというところから、最終的に楽曲の歌詞を書いていったんですよ。
当たり前を繰り返す。
それを下支えしているのは、誰なんだ? となったときに、それはこの『生田家の朝』のママじゃないかとなって、ママ目線の曲にしたんです。”

この楽曲は尾野が演じている母・早苗を軸に楽曲を手掛けているようです!
先日の『ZIP!』でも、ドラマの予告に合わせて主題歌が流れていましたが、朝にぴったりの曲に仕上がっていました♪

ドラマ主題歌『いってらっしゃい』を歌う福山雅治さんとは?

福山さんは、1988年にアミューズ・10ムービーズオーディションに合格し、アミューズに所属しました。
1990年シングル『追憶の雨の中』で歌手デビューを果たします。

 

1992年には福山が出演していたドラマ『愛はどうだ』の挿入歌となった5枚目のシングル、
『Good night』がヒットし、翌年にはアルバム『Calling』が初のオリコン1位を獲得しました。

 

1994年にはシングル『IT'S ONLY LOVE/SORRY BABY』は、オリコンシングルチャート 1位を4週連続獲得、
ミリオンセラーとなり、その後もヒット曲を数多く出しています。

 

歌手として活躍する一方俳優としても活躍中で、19歳の時に映画『ほんの5g』で俳優デビューをし、
代表作には『ひとつ屋根の下』や『ガリレオ』などがあります。

 

また来年公開の映画、岩井俊二監督の『Last Letter』や、
西谷弘監督の『マチネの終わりに』などへの出演も決定しています!

ドラマ『生田家の朝』の主題歌の発売日は?

福山雅治さんが歌う「いってらっしゃい」の発売については、
12月5日現在公式発表はされていませんでした。

情報が入り次第、随時更新します!

ドラマ『生田家の朝』の主題歌「いってらっしゃい」の歌詞は?

まだ歌詞の情報が入っていませんので、分かり次第随時更新します。

まとめ

ドラマ『生田家の朝』の主題歌、福山雅治さんの最新曲「いってらっしゃい」の歌詞や、
発売日情報などについてご紹介してきました!

 

いかがでしたか?

朝にピッタリの曲で、元気をもらって一日過ごせそうですね!
来週から始まるドラマ『生田家の朝』とどんなふうにマッチングするのか楽しみです♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事