この記事を書いた人:編集長ルッキー

2019年1月9日水曜午後10時に日本テレビ系連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」がスタートします。

 

人気女優『北川景子』さんが不動産屋のスーパー営業ウーマンとして、
家を売りまくるという奇抜な作品でしたが、人気作品の仲間入りをしました。
約2年半の時を経て、あの三軒屋万智が登場します。

 

そして、気になるのがドラマを盛り上げる主題歌ですよね♪
そこで今回はドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌や歌詞、発売日についてまとめてみました。

最後までお付き合い頂けると幸いです。

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌はどんな曲?

主題歌を歌うのはシンガー・ソングライターの斉藤和義さんで、曲名は「アレ」です。

 

斉藤和義さんがこのドラマ『家売るオンナの逆襲』のために描き下ろした新曲で、
打ち込みサウンドで踊りだしたくなるようなロックナンバーということで、非常に期待しています!

 

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌『アレ』ですが、斉藤和義さんは新曲『アレ』についてコメントを発表しています。

"踊れるコメディーも、考えさせられるシリアスも、どちらの要素もあるドラマだと思ったので、そんな曲にしたいと思いました"

コメディーとシリアスを混在させた楽曲を作っていたのですね。
この両方を取り入れた楽曲は想像できないので、早く聴いてみたいところです。

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌を歌う『斉藤和義』とは?

まずは斉藤和義さんのプロフィールを見てみましょう。

出生名 斉藤 和義
別名 せっちゃん
生誕 1966年6月22日(52歳)
出身地 日本の旗 日本 栃木県下都賀郡壬生町
ジャンル ロック
ポップ・ロック
オルタナティヴ・ロック
フォーク・ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1993年 -
レーベル ファンハウス
(1993年 - 1999年)
ビクターエンタテインメント
(2000年 - )
事務所 ロード&スカイ
共同作業者 一倉宏
松尾直樹
kenken
公式サイト KAZUYOSHI SAITO OFFICIAL WEB SITE

引用:Wikipedia

音楽に目覚めたのは小学生だったようです。
小学生の時にギターに出会ったのが、音楽を始めるキッカケになったようです。

 

中学、高校時代はハードロックやヘヴィメタにどっぷりハマっていたようです。
その際に、LOUDNESSのコピーバンドもしています。

 

高校を卒業後、 山梨学院大学に通うも2年の時に中退します。
地元、栃木県に戻った21歳の時、友人に「東京で一緒に音楽をやろう!」と言われたことがキッカケで上京します。

 

1992年TBSのオーディション番組『星期六我家的電視・三宅裕司の天下御免ね!』で5週勝ち抜きし、
1993年に『僕の見たビートルズはTVの中』でメジャーデビューを果たします。

 

斉藤和義さんが広く認知されたのは1994年に発表した3rdシングル『君の顔が好きだ』が、
大阪を拠点とするFMでヘビーローテーションに採用されたことがキッカケになりました。

 

そして多くの人が知っている、20011年10月期日本テレビ系ドラマ「家政婦のミタ」の主題歌になった『やさしくなりたい』があります。
家政婦のミタは視聴率が脅威の40・0%ということで、その知名度は絶大です。

 

当時は、斉藤和義さんの『やさしくなりたい』もかなり多くの人の耳に届いているので、知っている人も多いハズ。
そんな斉藤和義さんが、新たなドラマで新曲を書き下ろしてくれたのですから、期待大ですよね。

ドラマ『家売るオンナの逆襲』主題歌の発売日は?

斉藤和義さんが歌う「アレ」の発売日は、2018年12月19日現在は発表されていませんでした。

新しい情報が入り次第、随時更新します。

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の「アレ」の歌詞は?

やはり気になるのが主題歌の歌詞ですよね。
そこで「アレ」の歌詞を調べてみたのですが、まだ情報が公開されていません。

公開されましたら、当ブログでも随時更新致します。

追記.

やはり気になるのが主題歌の歌詞ですよね。
そこで「アレ」の歌詞を調べてみたのですが、歌詞の情報が公開されました。

 

こちらのブログで歌詞を掲載していますので、「アレ」の歌詞をご覧になってください。
「アレ」歌詞掲載ブログへ

まとめ

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌、斉藤和義さんの最新曲「アレ」の歌詞や、
発売日情報などについてご紹介してきました!

『うまくいくことばかりではないのが人生だ』がテーマのドラマ『家売るオンナの逆襲』
ドラマを盛り上げる斉藤和義さんの新曲に期待しましょう!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事