この記事を書いた人:りんない

2018年11月10日(土)夜11時15分からテレビ朝日系にて『あなたには渡さない』が放送されます。

原作は連城三紀彦さんの「隠れ菊」で、木村佳乃さん、水野美紀さん、田中哲司さん、
萩原聖人さんなど豪華出演陣を迎え、大人の愛憎劇となっています。

 

『あなたには渡さない』にはたくさんの個性豊かな俳優さん、女優さんがキャストに名を連ねておりますが、
今回上島旬平役の萩原聖人さんにスポットを当てていきましょう!

ドラマ『あなたには渡さない』上島旬平役を演じる萩原聖人さんとは?

まずは、萩原聖人さんのプロフィールをご覧ください。

本名:萩原聖人(はぎわら まさと)
生年月日:1971年8月21日(47歳)
身長:175cm
出身地:神奈川県茅ヶ崎市
所属:アルファエージェンシー

引用:Wikipedia

萩原さんは本名も芸名も変わらず、“萩原聖人”といいます。

 

短期渡米したときにニューヨークで観た映画の観客の様子に感銘を受け、役者という仕事に興味を持ちました。
日本へ帰国した後は、新宿区で母親が経営するバーの手伝いをしていた萩原さん。
そこに客として来ていたドラマ『あぶない刑事』のキャスティングスタッフたちの目に留まり、スカウトされます。

 

1987年、『あぶない刑事』32話に置き引き少年の役で俳優デビュー。
その後、1990年に出演したドラマ『はいすくーる落書2』の松岡直次郎役がきっかけで、一躍有名になりました。

 

最近では、ドラマは『日曜プライム 復讐捜査〜警察犬と刑事の殺人追跡行〜』『乱反射』、
映画は『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『きみの鳥はうたえる』に出演しています。

 

また、麻雀の世界でも活躍しており、1995年に第6回麻雀最強戦各界雀豪大会で優勝。
2018年7月21日には日本プロ麻雀連盟に入会し、正式にプロ雀士となりました。

ドラマ『あなたには渡さない』に出演する萩原聖人さんの役どころは?

今回『あなたには渡さない』で萩原さんは、木村佳乃さん演じる通子の夫で、
父親の跡を継ぎ料亭・花ずみの板長を務める上島旬平演じます。

 

母の死後、急速に落ちぶれていく店を立て直すことができずに多額の負債を抱えてしまい、
その後通子と離婚、不倫相手の多衣のもとへ走るが、通子への思いも捨てがたく煩悶するという役どころです。

 

萩原さんは、今回の役について

“――演じる上島旬平はどのような男性だと思いますか?

根は誠実な男だと思っています。旬平はとても複雑で、不倫ではありますけど、角度を変えれば彼にとっては全てが正義と言いますか…。生きていればそういうことって、いっぱいありますから。僕はそうやって心がいつも動き続けていることも人間として大事なことのような気がしています。その根っこの部分を理解できれば、どう演じても成立するのかなと思っていますね

――今作は40代の男女の愛憎物語。とても大人な世界観になると思いますが、その魅力とは?

感情だけに任せないというか、感情を抑えてどう戦うのかが大人ならではのものになると思いますね。
そして、その修羅場での戦い方が面白ければ面白いほど皆さんに見てもらえるようなドラマになるのではないでしょうか。“

とコメントしていました。

ドラマ『あなたには渡さない』に出演する萩原聖人さんの演技力は?

萩原さんの演技力は若い頃から高評価のようで、日本アカデミー賞新人賞・話題賞、ブルーリボン賞助演男優賞、
日本アカデミー賞優秀助演男優賞、日本プロフェッショナル大賞助演男優賞など、多くの賞を受賞しています。

 

最近はあまりドラマに出演していない印象もありますが、それでも映画やドラマなど長い間俳優として活躍しています。

 

2016年に出演したスペシャルドラマ『巨悪は眠らせない特捜検事の逆襲』で共演した玉木宏さんは、
萩原さんがキッカケで役者のオーディションを受け、俳優の道に進んだと話していました。

 

それだけ影響力を与えられるのは、俳優としての実力があったからこそですよね!

ドラマ『あなたには渡さない』に出演する萩原聖人さんのネット上での反応は?

まとめ

萩原聖人さんは、俳優としてだけでなく、声優・ナレーター・プロ雀士など幅広く活躍しています。
今回は修羅場続きで、演じるのが難しそうな役どころですが、どのように演じるのか期待したいですね♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事