この記事を書いた人:りんない

2018年11月10日(土)夜11時15分からテレビ朝日系にて『あなたには渡さない』が放送されます。

 

原作は連城三紀彦さんの「隠れ菊」で、木村佳乃さん、水野美紀さん、田中哲司さん、
萩原聖人さんなど豪華出演陣を迎え、大人の愛憎劇となっています。

 

『あなたには渡さない』にはたくさんの個性豊かな俳優さん、女優さんがキャストに名を連ねておりますが、
今回は堀口八重役の荻野目慶子さんにスポットを当てていきましょう!

ドラマ『あなたには渡さない』堀口八重役を演じる荻野目慶子さんとは?

まずは、荻野目慶子さんのプロフィールをご覧ください。

本名:荻野目慶子(おぎのめ けいこ)
生年月日:1964年9月4日(54歳)
血液型:A型
出身地:熊本県
活動期間:1979年〜
所属:フロム・ファーストプロダクション

引用:Wikipedia

荻野目さんは本名も芸名も変わらず、“荻野目慶子”といいます。
4人きょうだい(姉、弟、妹)の次女で、妹には歌手の荻野目洋子さんがいます。

 

荻野目さんは、12歳のときに劇団ひまわりに入団し、子役として活動を始めました。
1977年市川崑監督の『獄門島』で映画デビュー。
14歳のときに、舞台『奇跡の人』のヒロイン、ヘレン・ケラー役のオーディションに合格し注目を浴びます。

 

その後、 『YOU』(NHK教育)の司会や、映画 『南極物語』への出演などで、
有名若手女優として知られるようになりました。

 

プライベートでは、1990年に当時の不倫相手だった映画監督が、荻野目さんの自室で自殺してしまい、
メディアに大きく取り上げられてしまいました。

 

この件が原因で荻野目さんは精神的苦痛を訴えていたようですが、翌年には映画監督・深作欣二さんの勧めで、
『いつかギラギラする日』のヒロイン役を務めると、再び脚光を浴びました。

 

その後も、映画、テレビ、舞台等、多くの作品に出演しており、
最近では『営業部長 吉良奈津子』『あんちゃん』に出演しています。

ドラマ『あなたには渡さない』に出演する荻野目慶子さんの役どころは?

今回『あなたには渡さない』で荻野目さんは、料亭『花ずみ』の仲居・八重を演じます。

 

八重は旬平(萩原聖人)の母親のキクが『花ずみ』の女将だった頃から仲居として働いていて、
キクが亡くなったあとは、女将代理も務めていました。

 

通子(木村佳乃)が女将となった新生『花ずみ』になり、心境の変化があったようで、
八重のある行動によって、通子と旬平に大きな試練が訪れることに…

 

荻野目さんは、今回の役どころについて、

“「連城三紀彦さんの小説を初めて読み、予測のつかない展開に引き込まれました。
この、生きるプライドをかけた女性の闘いは、激しいけれども潔い。
その息遣いを感じてみたいと思いました。」“

とコメントしていました。

ドラマ『あなたには渡さない』に出演する荻野目慶子さんの演技力は?

荻野目慶子さんは、子役時代から活動されており、芸歴はとても長い大御所の女優さんです。

魔性の女のイメージが強い荻野目さんですが、演技力はとても定評があるようなので、
今回のドラマでもその実力を見せてくれそうですね♪

ドラマ『あなたには渡さない』に出演する荻野目慶子さんのネット上での反応は?

まとめ

荻野目慶子さんは、様々な作品に出演しているベテラン女優さんです。
妖艶な雰囲気がピッタリな荻野目さんは、今回演じる八重も何やら怪しい雰囲気のある女性…
どんな怪演ぶりで4人を惑わしていくのか、期待したいですね♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事