この記事を書いた人:なりりん

2018年11月13日(火)放送、ドラマ『中学聖日記』第6話はもうご覧になりましたか?

 

第5話では、禁断の恋を踏み出そうとした聖(有村架純)と晶(岡田健史)は社会のルールによって引き離されてしまいました。
さらに、聖は勝太郎(町田啓太)にも別れを告げ、一人で次の道を歩み始める・・・というラストでした。

 

第6話予告では、18歳になった晶も登場!
それぞれの3年後が気になって待ち遠しかった方も多かったはず!

 

さて第6話、どうなるのでしょうか・・・

ちなみに、ドラマ『中学聖日記』5話ネタバレはこちらから

ドラマ『中学聖日記』第6話ネタバレ

2015年の夏、子星中学校を退職した聖。
それから3年の月日がすぎ、2018年になりました。

 

聖は千鶴(友近)が働く小学校で先生をしていました。

 

一方晶は、聖が中学校を退職したあと学校に来なくなり、
みんなと一緒に中学を卒業しなかったことが明らかになりました。

 

聖は同僚から評判のいい聖でしたが、一部の先生からは、
子星中学を退職した理由について陰でひそひそと興味を持たれていました。

 

聖が生徒たちと楽しく遊んでいた時のことでした。

 

女子生徒である橘彩乃(石田凛音)が転んでけがをしたため、
保健室で手当てをしていると、彩乃が聖の頬へ突然のビンタ。

 

3年前、晶に軽く頬をぶたれたことを思い出してしまう聖。
彩乃はただ聖の頬に止まっていた蚊をたたいただけでした。
ケガをしてしまったことの報告と家へ見送りとともに橘家へ訪問することになりました。

 

彩乃は母親・橘美和(村川絵梨)と二人暮らし。

 

遠足代も未納,最近学校にも顔を見せていない母で、
実際に会ってもよそよそしい対応で、聖は一方的に帰らされてしまいます。

 

その時、聖は玄関で男性のスニーカーを見ます。
その夜、階段に座って食パン一枚を一人かじる彩乃。

 

見つめる先には、美和が乱れた格好で男を見送っています・・・

 

別の日、聖はクラス担任の野上(渡辺大)と街の雑貨市に来ていました。
本屋で学校で使えそうな本を探していた所、人ごみの中に、晶を発見してしまいます。

 

ハッとし、目を奪われてしまう聖。
晶が聖の方を振り向きます。が、聖は後ろを向いて、逆方向へ進んでしまいました。

 

心配する野上だが、聖は平静を装って別の雑貨屋へ行きました。
そこに通りかかったのは、上布(マキタスポーツ)。

 

上布は聖を見かけ、驚きます。
慌てて晶と合流したものの晶は聖がいたことに気づいていない様子で、安心します。

 

その日愛子(夏川結衣)は祖母の家で下宿をしている晶に会いに来ていましたが晶と愛子は、
過去のことでまだ疎遠のままで、晶は愛子に会おうとはしなかった。

 

上布は愛子に、聖を見かけたことを伝えました。

 

動揺する愛子だが、聖と晶が鉢合わせをしていないことと、
聖が男性といたとのことで、結婚でもしたのだろうかと安心していました。

 

聖は自宅へ帰ったあとも、見かけた晶の姿を反芻していました。
そこへ千鶴が訪ねてきて、聖は今日晶を見かけたことを伝えます。
そして晶を見て3年前の記憶を思い出したことも。

 

ーーー3年前。

中学校を退職した聖は、実家に身を寄せていました。

 

その後、学習塾で講師のバイトをしていた所、千鶴の学校で欠員が出たということで、
声をかけてもらって小学校に勤めることになりました。

 

そしてその際、小学校から子星中の塩谷(夏木マリ)に電話をした所、
聖を応援してもらえるよう伝言があったことを知る聖・・・

 

一方、子星中の3年1組の同窓会が開かれることになりました。
晶がふいに中に入ったところ、固まる一同。

 

そして、みんなに3年前に何があったのか、
聖が関係しているのか質問攻めにあう晶だが、晶が一言。

 

「末永?誰だっけ?」・・・

 

そして同窓会の帰り、るな(小野莉奈)と話したいから送ると晶が言い出しました。
晶とるなは、晶が中学校を辞めて心配したことや今、晶が西斗一高に行っていることなどを話していました。
そこでるなは、4回目の告白をします。

 

そのころ、東京にいる勝太郎は仕事に没頭して精を出していました。
そして原口(吉田羊)は新たに部長として東京本社に来て、勝太郎と再会します。
再会早々、原口に聖のことを言われ、昔のことを思い出してしまう勝太郎。

 

勝太郎は聖へ会いに行きます。
その時ちょうど聖は野上と学校の帰りで一緒にいる所でした。
驚く聖に、野上は気まずそうにしながら会釈をして帰ります。

 

聖と勝太郎は、3年前のことを振り返り、お互い謝ります。

 

ここまで来るのに長かったと笑顔で話す二人でしたが、
勝太郎は帰り際、お互いに今恋人がいないことを確認したうえで、
これからいろんなことに向き合って、前に進もうと言います。

 

ある日、九重(若林時英)、白石(西本まりん)、るな、晶と4人で話をしていた所、
美女が現れ晶に親しそうに声をかけます。

 

正体は晶の元カノでした。
やきもちを焼くるなだったが、晶とるな2人で後日プラネタリウムに行くことに。

 

一方、聖は生徒を連れて遠足に来ていました。
そこで気になる生徒が、彩乃です。

 

彩乃はお弁当を持ってきていなかった上、母親は迎えにも来ませんでした。
気になった聖と野上は、解散後彩乃を家へ送ることに。

 

そこでは修羅場が起きていました。
美和が一人の女性に罵倒されています。
その女性の旦那と浮気していることを責められていたのです。

 

美和が必死にそれは誤解だと言うことに対して「過ちをした人は繰り返す。人は変わらない」と言う女性の言葉を、
はたで聞いていた聖は、自分に言われているかのように胸に突き刺さります。

 

職員室に戻った聖と野上ですが、野上は晶との過去を知っている人づてに聞いたことを聖に告白します。
激しく動揺する聖ですが、野上は優しく聖を抱きしめます。

 

一方晶とるなのデート当日。

 

プラネタリウムが終わり、送ろうとする晶に、るなは帰りたくないと言います。
2人はその後、ラブホテルへ入ります。

 

はしゃぐるなでしたが、お風呂場でシャワーが止まらなくなり、
2人であたふたしていると、視線がふと合います。

 

聖のことはまだ好きかと聞かれた晶は、あのころは頭がおかしくなるくらい好きだった。
もう会えない。と言いました。

るなは、忘れさせてあげると言い、2人はキスを交わしたのでした。

 

東京に戻った勝太郎は、原口のもとへ向かいます。
原口のことが気になる、と告白する勝太郎。

 

その告白から勝太郎をさけていた原口ですが、
勝太郎はすれ違いざまに原口の腕をつかみ、暗い会議室へ。

 

おもむろにキスしようとしますが、原口拒みます。
聖が忘れられなくてこっちに来る、「じゃない方」みたいな扱いはもう嫌だ、と言う原口に優しく頬をなでる勝太郎。

2人は長く熱いキスをしました。

ドラマ『中学聖日記』第6話・町田啓太と吉田羊のキスシーンにドキドキ!

第6話では、野上と聖が職員室で抱擁するシーンや、晶とるながラブホテルへ入るシーンなど、
色んな所で色んなこ繰り広げられていましたが、中でも視聴者の心をつかんだのが、
勝太郎を演じる町田啓太と原口を演じる吉田羊の熱いキスシーン!

 

場所が職場の会議室ということで、そんなのいいの?!という声も上がり話題となりました。
大人の美しいキスシーン、ドキドキさせられた方も多かったようです。

ドラマ『中学聖日記』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『中学聖日記』の地上波放送後1週間以内は『Tver』と『TBS FREE』で視聴が可能です。
また1週間以上経過している場合はParaviで配信される可能性が高いです。

 

Tverでの視聴はこちらから

Paraviでの視聴はこちらから

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

ドラマ『中学聖日記』6話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『中学聖日記』第6話・感想

3年後ということで新たな人物が登場したり、再会した者同士で恋が始まったり、
いろいろなことが起きた第6話でしたね。

 

個人的には、聖と晶が出会うのかどうか期待していましたが、
どうやらまだ持ち越しのようでしたね。

 

次回以降の布石となった感じの第6話でしたが、
次回予告の、面白そうな先生みつけちゃった~と女性がつぶやくシーン。恐怖ですね。

 

聖の身に何が起こるのか?晶はるなと付き合っていくのか?
第7話も目が離せませんね!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事