この記事を書いた人:りんない

2018年10月12日から『忘却のサチコ』が始まります。

 

このドラマは、週刊ビックコミックスピリッツで連載中のマンガ『忘却のサチコ』が原作の作品です。
グルメコメディというジャンルながら累計販売数は50万部を記録している人気マンガです。

 

こちらの記事では、ドラマを盛り上げる主題歌や歌手、歌詞などについてまとめていきたいと思います。

ドラマ『忘却のサチコ』の主題歌はどんな曲?

ドラマ『忘却のサチコ』の主題歌を担当するのが『スカート』で、タイトルはなんと!
ドラマとおなじ「忘却のサチコ」です。

ドラマ主題歌の決定報告を受け、スカート・高畑充希さんがコメントを発表しています。

【スカート コメント】

打ち合わせのときのオーダーは「昔のアニメのテーマソングみたいな感じ」というものでした。

今回の楽曲にはかつてのアニメ主題歌が作品のタイトルを冠したのに倣って「忘却のサチコ」というタイトルをつけさせてもらいました。
ドラマが原作を大切にしている作品だからこそやれたことだと思っています。

制作中は”パンチがあって、華やか。かつ、サチコの一周回ったキュートさから目が離せなくなる”感覚をどう音楽に落とし込めばいいんだろう、とかなり苦労しましたが、仕上がったものを聴くとそんな日々も忘却できそうです。

今回、在日ファンクの村上基さんにホーンアレンジをしていただいたのですが、これが素晴らしい!

「パンチがあって、華やか」の大部分はそのホーンによるものでしょう。
とにかく今は漫画から飛び出してきたようなサチコの姿を見るのを楽しみにしています。

【高畑充希さんコメント】

おーサチコさん!

こんなにも、ドラマへの直球の思いを感じるテーマソングもなかなか無いので、すごく嬉しかったです。
あと、サウンドがとってもカッコイイ!!
サチコさんを、曲が呼び込んでくれる感じがして、 お気に入りです。

まだMVなどは公開されていませんでしたが、スカートの他の楽曲を聞いてみたところ、
伸びのある透き通る歌声がとても聴きやすく、耳に残るメロディに仕上がっていました!

今回の「忘却のサチコ」も明るく楽しい気分になる曲に仕上がっているということで、早く聞いて見たいですね♪

ドラマ『忘却のサチコ』の主題歌を歌うスカートとは?

スカートとは、ミュージシャンの澤部渡さんがサポートメンバーを変えながら、
活動を続けているソロプロジェクトとなっています。

 

澤部渡さんとは、ボーカルやギター、その他の楽器も器用にこなし、全ての曲の作詞・作曲を担当しています。

 

自分たちの曲だけでなく、他のミュージシャンの方達への楽曲提供やプロデュース、
トリビュート・アルバムの企画など、幅広く活躍しています!

 

2017年には、ドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』のエンディングテーマに「ランプトン」が使われ、
全国的に有名になり、同年4月には、映画『PARKS』に劇中歌として「離れて暮らす二人のために」が使われました。

ドラマ『忘却のサチコ』の主題歌の発売日は?

スカートが歌う「忘却のサチコ」は、ニューシングル『遠い春』の中に収録されており、10月31日(水)に発売します!

ドラマ『忘却のサチコ』の主題歌「忘却のサチコ」の歌詞は?

まだ歌詞の情報が入っていませんので、分かり次第随時更新します。

まとめ

ドラマ『忘却のサチコ』の主題歌、スカートの最新曲「忘却のサチコ」の歌詞や、発売日情報などについてご紹介してきました!

いかがでしたか?

忘却のサチコにピッタリの、疾走感溢れる主題歌になっているようですね!
ドラマ『忘却のサチコ』とどんなふうにマッチングするのか楽しみです♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事