この記事を書いた人:編集長ルッキー

2018年9月16日(日)に最終回を迎えた、ドラマ『ゼロ一攫千金ゲーム』。
原作は、週刊少年マガジンで連載していた、『賭博覇王伝 零』です。

 

天才勝負師・零(かとうしげあき)が、生きるか死ぬかのサバイバルゲームに挑む物語ですが、
原作と内容が異なるので、原作を知っている人にも楽しめるドラマになっています。

 

最終回を迎えた『ゼロ一攫千金ゲーム』ですが、衝撃の告知があったので、
今回はその真実についてと、最終回の感想についてまとめてみました。

ドラマ『ゼロ一攫千金ゲーム』に出演している後藤峰子役は誰?

本名 坂田 栄子
生年月日 1980年11月20日(37歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
身長 167 cm[1] 血液型 AB型[1] 職業 女優、タレント
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 1998年 -
配偶者 坂田亘(2007年 - )
事務所 イープロダクション(前イエローキャブ、サンズエンタテインメント)

引用:Wikipedia

いわずと知れた、グラビアアイドルです。
現在は女優として才覚を現していて、様々な作品に出演しています。

 

  • 大奥〜華の乱〜(2005年、フジテレビ) - お伝の方(瑞春院) 役
  • 勇者ヨシヒコと魔王の城 第4話(2011年7月、テレビ東京) - 天女 役
  • リーガル・ハイ(2012年、フジテレビ) - 沢地君江 役
  • 新ナニワ金融道(2015年1月24日、フジテレビ) - 小骨典子 役
  • ヘッドハンター(2018年4月 -、テレビ東京) - 赤城響子 役

(出演作品の一部記載)

デビュー当時のキャッチフレーズは『宇宙一のメロンパイ』
特徴的な胸の大きさが原因で「胸の手術を受けたのでは」と雑誌に掲載されたことがあり、
それに憤慨した小池栄子さんが裁判沙汰になったことがあるほど。

 

ただ、大きな胸は偽物ではなくしっかり本物だということが、とある番組の企画で判明し、
疑惑を晴らしました。

 

2007年8月29日に格闘家の坂田亘さんと結婚。

と、ここまで小池栄子さんのプロフィールをお伝えしましたが、
今回は小池栄子さんのプロフィールがメインではなく、『ゼロ一攫千金ゲーム』にて衝撃の事実が発覚したことに焦点をあてていこうと思います。

ドラマ『ゼロ一攫千金ゲーム』に出演している後藤峰子には弟の存在があった

ゼロのせいで人生を失い行方不明になっていたミツルが突如ゼロの前に現れたのですが、
ミツルがゼロに衝撃の事実を告げます。

『後藤峰子は俺の姉なんだ』

ここにきて後藤峰子が姉という設定に正直びっくりしました。

 

しかも、後藤峰子が負けると弟を殺すというから、
結構な急展開で『え?』そういうことなの?と思ってしまいました。

 

最終回にして結構強引な設定にしたんじゃないかと思ってしまいましたが、
ここで、ゼロがわざと後藤峰子に負けて、ミツルを助けるというのもあまりにも安易な設定かな~と
個人的には思ってしまいました。

ドラマ『ゼロ一攫千金ゲーム』に出演した小池栄子さんの演技や評価は?

ドラマ『ゼロ一攫千金ゲーム』最終回あらすじ&感想

ゼロ(加藤シゲアキ)が勝利者となった直後、在全(梅沢富美男)が倒れた。

このままではグループの全権がゼロに渡ってしまうのを怖れた峰子(小池栄子)は、
最後に自分との一騎打ちを仕掛ける。

車椅子で現れたのは、ゼロのせいで人生を失い、
行方不明になっていた友人ミツル(小山慶一郎)だった。

ゼロの“目の前の命を必ず守る”という正義感は、
過去にミツルを助けられなかった思いからだったのだ。

行方をくらましていた4年間、在全グループに匿われていたというミツルは驚くべきことを口にする。

「後藤峰子は俺の姉なんだ」

勝負は変則ポーカー『デイ&ナイト』で行われた。

赤が峰子、黒がゼロの持ち札で、26枚の中からポーカーの5つの役をつくり、交互に攻撃し合う。
相手より強い役をぶつけることが出来れば、点数が加算されていく。

1回戦は、峰子が圧倒的な点差をつけた。
しかし私情を持ち込んだ罰として、突然病床の在全から、峰子に極秘の命令が下る。

『負けたら弟を殺す―』
勝てば友人が死ぬとは知らないゼロは、驚異的な追い上げを見せていき…。
引用:公式サイトから

https://twitter.com/mio411yasuyo471/status/1041336685156491265

https://twitter.com/koto4ari/status/1041336607293337601

まとめ

ゼロ一攫千金ゲームの最終回が終わってしまいましたね。

 

この手のドラマは心理戦や戦略が楽しめるので、ハラハラドキドキを体験したい人にはぴったりな作品じゃないかと思います。

 

ジャニーズを使うのにはどうなんだろう?とドラマ開始当初は思っていましたが、
色々あった中でも、結果的にしっくりきたので、良かったんじゃないかと思います。

 

続編も期待したいところですね!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事